【ゴロ】脳死判定で確認する脳幹反射消失7つ 覚え方

Brainstem reflex_thumbnail脳神経外科

脳幹反射とは?

脳幹反射とは、脳幹の脳神経核を介する反射です。脊髄に反射中枢がある脊髄反射とは区別されます。

脳死判定で確認する脳幹反射の消失は、①対光反射 ②角膜反射 ③毛様脊髄反射 ④眼球頭反射 ⑤前庭反射 ⑥咽頭反射 ⑦咳反射の7つです。

①対光反射:光を照射した時に瞳孔が収縮します。

②角膜反射:角膜を綿棒などで刺激すると両目が閉じます。

③毛様体脊髄反射: 首や上前胸部の痛み刺激で両側の瞳孔が散大します。

④眼球頭反射:頭を他動的に急速に左右に回転させると眼球が回転と反対の方向に動きます。人形の目現象(Doll’s eye phenomenon)とも表現されます。

⑤前庭反射:頭が動いたときに反対方向に眼球を動かして、視界の中央に外界の像をとらえ続けることにより網膜に映る外界の像のぶれを防ぐ反射です。

⑥咽頭反射: 咽頭後壁や舌根部を刺激すると、咽頭筋の収縮による嘔吐が誘発される反射です。

⑦咳反射:咽喉頭や気管支にある受容体が刺激され咳が誘発される反射です。

ゴロ 脳死判定で確認する脳幹反射消失

語呂合わせ
脳幹反射を書くメモを前にのせ た

脳死判定で確認する脳幹反射消失

脳幹反射を:脳幹反射
書く:膜反射
メ:球頭反射
モを:様脊髄反射
前に:庭反射
の(ど):咽頭反射
せ:反射
た:光反射

脳死判定の手順 わかりやすい動画

日本臓器移植ネットワークのホームページで公開されている、法的脳死判定手順の解説動画です。脳死判定はポリクリ・クリクラで実習する機会は稀で、イメージが湧きにくい分野です。動画で一連の流れを理解した後に暗記すると覚えやすくなります。

医療者向け映像 脳死判定の手順
日本臓器移植ネットワークHP https://www.jotnw.or.jp/medical/gallery/

脳死判定項目の語呂合わせはこちらの記事をご参照ください。

おすすめ参考書・教科書

病気がみえる 脳・神経

病気がみえる 〈vol.7〉 脳・神経は医療系学生向けです。

とっつきにくい概念もわかりやすい図でスパッと解説しています。

病気がみえるが無ければ、全国医学部の留年率はもっと高かったに違いない、と誰しもが一度は思うらしい。

私も病気がみえるに助けられました。

参考文献
法的脳死判定マニュアル(厚生労働科学特別研究事業)PDFファイル

コメント