皮膚科

皮膚科

皮膚科

【ゴロ】ペラグラの症状 覚え方

ペラグラとは? ペラグラ(英語:Pellagra)は、ナイアシン(ニコチン酸、ニコチン酸アミド)欠乏またはニコチン酸の前駆物質であるトリプトファンの欠乏症によって起こります。 原因 慢性アルコール中毒、胃切除患者、偏食や...
皮膚科

【ゴロ】乾癬の症状・治療 覚え方

【ゴロ】乾癬の覚え方 乾癬は代表的な炎症性角化症で、原因は不明です。表皮の炎症と角化細胞のターンオーバーの亢進により、銀白色の鱗屑を伴った紅斑、丘疹が皮膚にみられます。その他の特徴的な皮膚所見として、Köbner(ケブネル)現象、A...
皮膚科

【ゴロ】PUVA療法の適応疾患

PUVA療法は、光感作物質のソラレンの内服または外用後にUVA照射(320-380nm)を行います。適応は尋常性乾癬、尋常性白斑、掌蹠膿疱症、菌状息肉症、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症、類乾癬などがあります。 ゴロその1 ディズニーバ...
皮膚科

ニコルスキー現象とケブネル現象の違い

ニコルスキー現象とは ニコルスキー現象(Nikolsky phenomenon)とは、健常皮膚に圧迫や摩擦を加えると、簡単に表皮剥離や水疱を生じる現象です。 天疱瘡、表皮水疱症、SSSS(ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群)、TEN(中毒...
皮膚科

【ゴロ】壊疽性膿皮症を合併する疾患 覚え方

壊疽性膿皮症とは? 覚え方 壊疽性膿皮症(英語 Pyoderma gangrenosum:PG)は、紅斑が急速に拡大し、辺縁が堤防上に隆起した、潰瘍を繰り返す疾患です。壊疽性膿皮症が見られる場合は、合併する疾患であるクローン病、UC...
皮膚科

【語呂合わせ】ニコルスキー現象が陽性となる疾患

ニコルスキー現象とは ニコルスキー(Nikolsky)現象とは、正常に見える皮膚に圧迫や摩擦を加えると、簡単に表皮剥離や水疱を生じる現象です。 天疱瘡、表皮水疱症、SSSS(ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群)、TEN(中毒性表皮壊死症)...
皮膚科

ステロイド力価

ステロイド 生物学的半減期(h) 血漿消失半減期(h) 糖質コルチコイド 鉱質コルチコイド 等価投与量(mg) 一般名 商品名 コルチゾン 短時間:8~12 1.2~1.5 0.8 0.8 25 酢酸コルチゾン コートン(錠) ...
皮膚科

網状皮斑(リベド)のメカニズム

網状皮斑(リベド)とは、大きな網目状紅色調の皮疹。真皮と皮下脂肪組織の境界部において、静脈網の緊張低下と動脈網の緊張亢進状態が生じることで網目状の皮斑を形成する。生理的に生じるものと、血管炎などの基礎疾患の存在下に生じるものがある。 ...