血清鉄(Fe)が増加・減少する原因

検査

血清鉄が増加・減少する原因

基準値:男性64~187μg/dL  女性40~162μg/dL ※基準値は施設によって異なる
検査目的:貧血の原因疾患の鑑別

健常成人の総鉄量は約4gであり、蛋白と結合して存在している。約2/3はヘモグロビンと結合して赤血球中にあり、約1/3はフェリチンやヘモジデリンと結合し、貯蔵鉄として様々な細胞に広く分布する。特に肝細胞や肝・脾・骨髄中の網内系細胞に多く存在する。約0.1%がトランスフェリンと結合して血漿中に存在する。

血清鉄の低下は、鉄の喪失(出血)、需要の増大、貯蔵鉄を利用できない時(感染症, 膠原病など)に見られる。反対に増加する原因として、多くの鉄が体内に入る頻回の輸血、需要の低下、貯蔵鉄の放出(急性肝炎など)による細胞の崩壊がある。

その他の特徴
女性は男性に比較して低い値を示す。月経による失血が主な原因と考えられる。
日内変動があり、朝高く、夜低い。
年齢差があり発育期や高齢者では低い値を示す。溶血で増加する。

鑑別

血清鉄(Fe)考えられる病態・疾患
減少男性64μg/dL以下
女性40μg/dL以下

[高頻度]鉄欠乏性貧血
[可能性]感染症, 膠原病, 悪性腫瘍, 真性赤血球増多症

増加男性187μg/dL以
女性162μg/dL以上

[高頻度・可能性]ヘモクロマトーシス, 急性肝炎, 再生不良性貧血, 赤芽球癆, 急性白血病, 鉄芽球性貧血

鉄代謝のわかりやすい動画

鉄代謝|病気がみえるvol.5血液

参考文献
異常値の出るメカニズム
臨床検査データ
病気がみえるVol5血液

コメント